【実体験】お金を使わない人がつまらない理由5選と価値ある使い方!

お金を使わない人(アイキャッチ)
こんなことで悩んでいませんか?
  • 「お金を使わない人はつまらない」と言われた
  • 何をすれば「つまらない」と思われなくなるの?
  • なぜ世間はお金を使わないと「つまらない」と思うんだろう?

貯金や節約に励むことは大変だけど、お金があると安心感がありますよね。

しかし、お金を使わない人への世間の目は必ずしも良いとは限りません。

せっかく貯金や節約を頑張っているのに、心無い言葉をかけてくる人もいます。

私も「お金を使わない人はつまらない」と言われ、貯金だけが取り柄の人生で良いのか本気で悩んでいました。

しかし、今は貯金をしながら満足感を得られる生活ができています。

本記事では、つまらないと言われ続けながらも貯金1,000万円を達成した私が「お金を使わない人がつまらない理由⇩」を解説。

超ドケチな私が実際にやってきた「価値あるお金の使い方5選⇩」も知りたい人は必見です!

本記事を読めば、周りに流されない自分の軸ができて人生がラクになりますよ。

この記事の結論

タップできる目次

お金を使わない人がつまらない理由5選

お金を使わない人がつまらない理由5つ

お金を使わない人がつまらない理由は以下の5つ。

青色の部分をタップすると、見たい部分にジャンプできます。

お金を使わない人がつまらない理由1:ケチだと思われる

1つ目のお金を使わない人がつまらない理由は「ケチだと思われるから」です。

わたしの実体験では、以下の3つの場面でケチだと思われました。

  • お土産やご祝儀を拒否
  • 外食時に安いコースが良いと言った
  • 節約だ貯金だと言って体験にお金を使わない

最もケチだと思われたのは「お土産やご祝儀を拒否」したときです。

ケチな自覚はありますが、価値観は人それぞれです。

お金を使わない人がつまらない理由2:貯金を趣味だと思われる

2つ目のお金を使わない人がつまらない理由は「貯金を趣味だと思われるから」です。

ライフスタイルや趣味に制限がかかってしまうと、プライベートな時間で充実感を得られないこともあります。

わたしはお金のかからない趣味を7つ作って解決しました。

7つの趣味は以下のとおり。

  • ブログ 上手くいけば稼げる
  • ポイ活 スマホ1つで楽しくカンタン
  • 映画鑑賞 Amazonプライムで十分
  • 読書 何冊聞いても1,500円のAudibleがオススメ
  • ウォーキング 家で気軽にできるステッパー
  • ゲーセン メダルゲームなら一生0円で遊べる
  • 音楽 通勤も移動もウォーキング中も楽しめる

詳しくは、以下の記事で解説しています。

お金を使わない人がつまらない理由3:我慢を強いられる

3つ目のお金を使わない人がつまらない理由は「我慢を強いられる」です。

ショッピングをイメージしてください。

いっしょに行く人が全然お金を使わない人だったら、「なんだか自分まで我慢しなくちゃ……」と感じてストレスをが溜まりがちですよね。

かずきん

友達のお金の使い方に合わせた時期はなんか不幸でした…

しかし、今は誰と行くかは関係なく、自分が価値あると感じたモノには惜しみなくお金を使っています

お金を使わない人がつまらない理由4:感情的な充実感が得られない

4つ目のお金を使わない人がつまらない理由は「感情的な充実感が得られない」(満足感を得られない)からです。

お金を使って感情的な充実感を得られることを考えてみました。

  • 楽しいことをする
  • 未知の体験をする
  • 特別なイベントや旅行に参加する
  • 貴重な思い出を作る

自分へのご褒美として使うことで、楽しいとか嬉しいといった感情的な充実感が得られる。

しかし、お金を使わない人は体験が少ないため、話していてもエピソードが単調でつまらないと感じられやすいです。

お金を使わない人がつまらない理由5:体験不足でモノトーンな生活に

モノトーン

5つ目のお金を使わない人がつまらない理由は「体験不足でモノトーンな生活になる」からです。

毎日同じようなルーティンで、以下3つのように感じた経験があるはず。

場所や周囲の環境の変化がない、特別な体験や刺激が欠けている、成長している感覚がない

貯金や節約をするのは、初めての旅行や経験を通じて得られる刺激を得ないことに等しいです。

かずきん

刺激が少ない生活でモノトーンに受け取られるがちでした

価値あるお金の使い方5選

価値あるお金の使い方

お金を使わない貯金体質のわたしが、実践して価値あるお金の使い方を5つ厳選しました。

価値あるお金の使い方は以下5つ。

ステッパーにお金を使う

ステッパー

1つ目の価値あるお金の使い方は「ステッパーにお金を使う」です。

わたしはメンタリストDaiGoさんやパレオさんがオススメしているXiser(エクサー)のステッパーを毎日使っています。

Xiser(エクサー)のステッパーは、家電量販店に売っているステッパーと比べて高いです。

わたしはXiser(エクサー)のステッパーを使って2年たちますが、音がまったく気にならないし負荷の調整もできるため、安心して運動を続けられています。

\今なら安心の5年保証&レビュー特典あり!!/

\新生活セールでポイント最大10倍!!/
Amazon
\楽天スーパーSALE中!!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

\ステッパーといっしょに潤滑剤も買う人が多いです!!/

オフィス家具通販のオフィスコム
¥610 (2024/03/02 15:01時点 | 楽天市場調べ)
\新生活セールでポイント最大10倍!!/
Amazon
\楽天スーパーSALE中!!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

もっと詳しく知りたい人は、以下の記事をチェック!

新しい趣味にお金を使う

趣味が少ない人生はつまらないです。わたしは「新しい趣味」にお金を使いました。

ほとんどお金のかからない趣味もたくさん見つけました。

詳しくは以下の記事で解説しています。

趣味も楽しみつつ、貯金もしっかりしたい人は必見です。

1円もお金を使わない趣味から、お金を稼ぎながら楽しく続けている趣味まで幅広く解説しています。

旅行にお金を使う

旅行

友達や大家族といっしょに旅行に行くと、人生における貴重な思い出を作れます。

旅行でしか得られない経験や旅の思い出を、後から何回も思い出したり、話のネタになるお金の使い方です。

実際にわたしも2023年7月に静岡県の沼津市に旅行に行って、忘れられない思い出を作れました。

旅行するなら楽天トラベルがオススメです。

\ポイントがザクザク貯まる!/

質の良い水にお金を使う

いいお水

毎日気分良く過ごせるのは、ストレスをためない観点でとても大切な習慣です。

そのためには毎日摂取するものを意識する必要があります。

わたしは「のむシリカ」をいつも飲んでいます

のむシリカに含まれる「シリカ」という成分は、体内では生成できません。

長期的に見て価値があると判断したので、お金を払って毎日飲んでいます。

クリエイティブな活動にお金を使う

5つ目の価値あるお金の使い方は「クリエイティブな活動にお金を使う」です。

クリエイティブな活動とは、何かを作り上げて主体的に発信する活動を指します。

わたしが今やっているクリエイティブな活動は以下の5つ。

クリエイティブな活動5つ
  • ブログ
  • 楽天ルーム
  • YouTube
  • Twitter
  • Note

いろんなSNSを活用すると、新しい発見や市場のニーズが分かるので視野が広がり続けています。

わたしが1番お金を稼いでいるブログは、Google検索で上位を取るゲーム感覚で、楽しくお金を稼ぐ趣味になっています。

\最大55%OFF!!/

とはいえ、ブログはハードルが高いと考える方もいます。

安心してください。

そんな方は楽天ルームがオススメ!

楽天ルームなら、気になる商品をにコメントをつけて投稿するとポイ活の感覚で稼げます。

実際に買った商品じゃなくてもOKなので、気軽に始められますよ。

楽天ルーム独自の言葉もあるので、気になる方は「【初心者必見】楽天ルームの「コレ!」とは?」もチェックしてみてくださいね。

まとめ:お金を使わない人がつまらない理由と価値あるお金の使い方

まとめ

今回はお金を使わない人がつまらない理由と、価値あるお金の使い方を5つ厳選して解説しました。

まとめると以下のとおり。

お金を使わない人がつまらない理由価値あるお金の使い方
ケチだと思われるステッパー
貯金を趣味だと思われる新しい趣味
我慢を強いられる旅行
感情的な充実感が得られない質が良い水
体験ができずモノトーンな生活になるクリエイティブな活動(ブログ)

特に価値あるお金の使い道はクリエイティブな活動です。

わたしが1番お金を稼いでいるブログは、Google検索で上位を取るゲーム感覚で、楽しくお金を稼ぐ趣味になっています。

\最大55%OFF!!/

節約だけだと心がさみしくなる…….。

そんなときは「お金のかからない趣味」を作るのがオススメ!

「お金のかからない趣味」を作るには、以下の記事が参考になります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本サイト「かずきんの貯金ブログ」では、お金を貯めるための情報を発信しています。

他の記事も参考にして、ザクザク貯金するために活用してくださいね。

目次に戻る⏫

この記事と関連している記事

タップできる目次